東京で格安レンタカー!24時間で料金はいくら?

東京へ行く場合には、23区内であれば電車を利用すれば大抵の所には行けます。東京23区内に住んでいる人は車の所有率が低いと言われますが、それは単に駐車場代が高かったり土地が高いだけでなく、そもそも車を所有する必要がないのです。このように、最近は車を持たない家庭も増えていますが、旅行をする場合では、少し話が変わってきます。

旅行をする場合、都内にはたくさんのスポットがあります。多くの観光スポットは人工的な物が多いです。例えば、歴史上の物でも、浅草寺などはそれに当たります。あるいは、東京タワーやスカイツリーも人工的な建物になります。自然を堪能するためには上野公園などがありますが、やはり人工物が多くなっているのが他の都市とは違う特徴と言うことができるでしょう。

それらの観光地を自由に巡るためには、電車だと不便な場合があります。乗り換えを頻繁にしなければならないからです。重い荷物を持って徒歩を交えて移動するよりも、レンタカーを借りた方がよほど効率よく目的地をまわることができます。では、レンタカーを借りる場合には、どれくらいの料金がかかるでしょうか。この料金についてはグレードやそのプランによって異なります。また借りる時間タイヤ日数によっても異なります。もし、1日で観光を終えたい場合には、軽自動車の場合は3,500円前後のプランがあります。24時間で3,500円程度であれば複数人で行く場合、一人当たりの出費は1,000円以内で済ますことも可能になります。

ですが、正直大人3人以上であれば、軽自動車はきついのが本音ではないでしょうか。重たい荷物をトランクに入れて大人3人以上で軽自動車は窮屈です。そこで、ワンランク上げてコンパクトカーを利用する場合は、4,500円から5,500円前後のプランが一般的になっています。当然カーナビやETCも標準装備になります。格安のレンタカーに限ったことではありませんが、最近の車は禁煙になっています。たばこを吸う場合には喫煙可能な車を借りるしかありません。コンパクトカーであれば、大人4人ぐらいまでならある程度荷物を積み込んでも窮屈な感じはしませんし、平地の多い23区内であれば、坂道で苦労することもありません。
もし、24時間車をレンタルする場合、深夜時間帯に返却したい場合は、特定の業者なら可能になります。ただ、深夜料金を1,000円ほどとられますのでその点は注意が必要でしょう。

Posted on

池袋で24時間営業の格安レンタカー

池袋で24時間営業の格安レンタカーを利用することで、広い東京というエリアを自由気ままにアクセスしやすくなります。都会は公共の交通機関が充実をしているエリアであり、それは便利ではありますが、やはり車という便利ツールには叶うことはありません。激しく人もあらゆるものも行き交う都会であるからこそ、足となるのは便利な自動車が1番です。

公共の交通機関は多くの人が利用をするので、人というストレスも相当なものとなります通勤であれば仕方なく、満員電車にゆられて通うとしても、仕事ではないならば、わざわざ都内のアクセスで人間のストレスなどは、感じる必要もないのです。それがレンタルという素晴らしシステムで利用ができる車です。

都会は眠らない街ですので、その利用も24時間いつでもできるのはすごく便利としか言いようがないです。地方のように昼間の時間だけ営業ではなく、昼も夜も営業しているので、必要な時に時間は関係なく車を調達することができます。しかも自動車のレンタルも激戦区のエリアですので、格安で車のレンタルも可能なのは、物価の高い都内においてもラッキーなポイントになります。せっかくの都内での便利な移動ツールですので、レンタルすると気の費用が安いことは重要なことです。

都内を歩き回る時に電車はいくつもとっていますし、バスも利用ができますので、公共交通機関利用は都内では一般的です。費用的も電車やバスはそれほど高くはないので、交通機関への支払い料金に頭を悩ませることも、そんなにはないでしょう。都会に居るとこうした公共の交通機関を利用するので、とにかく歩くことになります。駅の構内でも歩きますし、改札に出るまでもよく歩きます。とにかく足を使いますので、都内での交通機関利用は、ある意味健康にも良いのかもしれません。都会では電車でも利用でも歩き回るので、運動不足を解消するには絶好の機会でもあります。

それでもやはり自動車での移動ができたほうが便利ですし、都内から少し離れた場所まで行くにしても、レンタルした車で出かけたほうがスムーズで気楽です。公共の交通機関はとにかく常に人の嵐なので、そのストレスが大きいのは否めないところでしょう。しかし東京での自動車をレンタルするというスタイルで車を調達することができれば、そこはあ自分だけのプライベートな空間になります。慌ただしい都内にあっても、レンタカーならゆとりのある行動ができます。

Posted on

東京にある24時間営業のレンタカー業者

かつては、午前9時から夜の8時ぐらいまでの営業をしていたレンタカー業者が多かったのですが、最近は東京などの都市部をはじめとして24時間営業の会社が増えてきました。24時間の業者が増えたのは、コンビニなどが24時間営業しており、深夜に活動する人も増えたからです。24時間営業していると、返却をする時間帯を気にすることがないため、とても便利です。渋滞などに巻き込まれてしまい、返却が間に合わない場合や、どうしても返却が夜中になってしまうような予定しか組めない場合は便利でしょう。あるいは、深夜に働いており、明け方借りて、深夜に返却するような場合も、24時間営業のお店は強い味方です。

ただ、それでも24時間営業している会社は限られています。では、東京で24時間営業の会社はどのような会社があるでしょうか。
まず、ニッポンレンタカーがあります。この会社の特徴は、規模が大きいことです。とにかく規模が大きいため主要都市には必ず営業所はありますし、主要都市ではない小規模の市町村にも大抵はあります。ただし、かなりのいなかの場合はこの限りではありません。この会社の特徴の一つとして、安心コースがあることです。安心コースに入るとまず、タイヤの空気が抜けてしてしまった場合、補償してくれることになります。

次に、バッテリーが上がって待った場合も補償の対象内になります。それ以外でも、ガス欠や鍵が開かなくなってしまった場合、脱輪をしてしまった場合には、無料で対応してくれます。ただしそれぞれに回数制限がありますので、注意が必要です。
深夜に利用する場合、深夜料金が1,080円ほどかかります。料金が割増しになるのでその点は覚悟しておきましょう。

次に、24時間営業の会社はワンズレンタカーがあります。この会社の特徴は、料金が格安なことです。借りる車のクラスにもよりますが、軽自動車やコンパクトカーなどの小さい車であれば1時間1,000円台で借りることが可能になるのです。1日のレンタルであれば、およそ4,000円程度で借りることが可能になります。

もし補償に入る場合には、それ以外に1,080円が必要です。補償は事故を起こした場合には、最大で5万円まで会社の方で支払ってくれる物になります。勘違いしやすいのは、補償は保険ではありません。保険だと思って加入すると事故を起こしたときに予想外の結果が出ることがありますので、その点は気をつけましょう。

Posted on

返すことを考えると24時間営業ならスゴク便利

何かを借りた場合は、必ず返さないといけませんが、返すタイミングによってはきちんと返せないこともあります。営業時間などが決まっている場所では、営業時間外では閉まっているため、返そうにも返すことができません。そのような場所であると、返す日時がずれてしまい、延滞料金などを払うことになります。DVDなどを借りたときは、延滞料金と言っても一日程度ではそれほど高額な金額にはなりませんが、もともとが高額なものを借りている場合にはその値段も馬鹿にできないものになります。その一つに車を借りたときのことが挙げられ、延長時間が一時間でも1000円以上の延長料金が発生することがあります。

車を借りる際には最低でも数千円の料金がかかりますが、延長するだけで高額な延長料金がかかることになり、それらを考えるとレンタカーを借りる際には、24時間営業しているところで借りると便利に利用することができます。
東京では車よりも電車やバスで移動することが多くなり、車を保有している人も限られてきます。そのためいざ車をしようと思っても、借りるしかありません。

しかし、借りるといっても使いたい時間は人それぞれであり、早朝から借りたい人もいれば昼間から、夜から借りたい人など様々います。早朝から借りて夕方や夜に返すのであれば、営業時間が決まっているところでも返す余裕があることもありますが、深夜に戻ってくる場合には営業時間が決まっているところでは利用しづらいものになります。返したいときに営業していなければ、借りた車をどうにかしなければいけず、路上駐車してしまうと取り締まりにあうこともあります。

そのため、コインパーキングなどに車を止めて営業時間になるまで置いておかなければいけませんが、それでは駐車料金という余計なお金がかかってしまいます。このようなことがないように、レンタカーを借りる場合には24時間営業を行っているところが便利になります。

また、東京では交通量も多く、渋滞などで思うような時間に帰ってこられないこともあります。そのようなときに、時間が深夜を回ってしまったり、逆に朝方に到着予定が早くついてしまい早朝だった場合など、営業時間外だと余計な時間を取られてしまいます。レンタカーを24時間営業しているところで借りるメリットは、このようなときにも当てはまります。東京で借りる際には、時間配分などきちんとして余裕をもって移動できるようにすることも重要なことになります。

Posted on

新宿で24時間営業の格安レンタカー

新宿は、様々な見所がありますので、旅行をするときにレンタカーでデパートや観光地に立ちよっても良いでしょう。東京旅行をする場合にも便利になります。また、仕事や引越しなどでも利用する場合は、電車などとは違った魅力があります。電車のように混むことはありませんし、出発時間を気にする必要もありません。

自動車をレンタルしてくれる会社の中でも会社によって営業所の営業時間が決まっているものです。おおよそどこの営業所も朝の9時から夜の9時ぐらいまでになります。
ただ、その中でも24時間営業をしている自動車のレンタル会社もあります。時間外に自動車が必要な場合には24時間営業のレンタル会社を利用すれば良いかもしれません。自動車をレンタルするときに気になるのは、レンタル料金です。

自動車のレンタル料金は、会社によっても異なりますので、よく調べることで、よりお得な会社を見つけることができます。では、新宿近辺でお得なレンタル会社がどのようなところがあるでしょうか。大手のレンタル会社では、ニッポンレンタカーがあります。この会社の特徴は、とにかく営業所が多いことです。日本中どこにでも営業所があるのではないかと言う位たくさんあります。自動車をレンタルする場合も、新宿には確実にありますし、目的地に行けば高い確率で営業所があります。

このように、日本中にたくさんの営業所があることで、利用しやすくなりますが、営業時間であればいつでも安いわけではありません。夜の9時を過ぎてしまうと深夜料金1,080円を支払うなくてはなりません。そのため、夜の9時を過ぎて返却する場合には、多少費用が高くなることを覚悟しておきましょう。

もう一つ、格安の自動車のレンタルとしては、ワンズレンタカーがあります。24時間営業でありながら、格安の料金を実現しています。具体的な利用料金は、コンパクトカーを1時間だけ利用すると、1,000円プラス消費税になります。1日利用で3,000円弱になります。24時間利用の場合は、3,000円台で借りることができます。ただし、料金に関しては夏休みや冬休みなどの繁忙期の場合は、1,000円増しになりますので注意が必要です。
免責に関しては1080円を支払えば、車両をぶつけた場合や、人身事故を起こしたときに5万円の負担をしてくれます。ただし、免責は保険とは違いますので注意が必要になります。
この会社の欠点は、あまり営業所がないことです。

Posted on