24時間のレンタルがお得だった東京のレンタカー

東京での料金システム

レンタカーの料金システムとして東京で標準的なのが1時間ごと、6時間、12時間、24時間という形で区切ってあるものです。業者によってはもっと細かくなっていたり、6時間には対応していなかったりする場合もあります。利便性の高さから24時間でレンタルする人が多いという事情が反映されて料金システムができているため、基本的には時間あたりの価格は24時間が最も安くなっているとわかりました。

単位時間あたりの費用で考えると他を選ぶ必要はあまりないのです。営業時間内に返せなくなってしまうトラブルがあることも見越して初めての東京滞在のときには余裕を持って24時間に決めましたが、それ以降もずっと24時間で予約しておくようにしています。

割引適用が24時間プランのことが多い

初めての滞在のときに東京で24時間の料金でレンタカーを借りたのには割引の影響もありました。クーポンやキャンペーンなどによって販促が行われていることがよくありますが、その対象となっているのが24時間のレンタルだったのです。私が24時間予約を最初にしたきっかけも12時間の料金と同じ金額で24時間のレンタルができるキャンペーンを実施していたからでした。

それ以降もクーポンなども含めてよく見ていたら、24時間のレンタルだけが対象となっているものが大幅な割引になっている傾向があるとわかりました。東京に行くときには必ずクーポンやキャンペーンを調べるようにしています。すると大抵は一つは見つかって、24時間で借りるのがお得になっているのです。

長期利用の場合にはウィークリーも活用

長期間の利用を考えたときには24時間のレンタルに延長料金を積み上げていくよりも安上がりにできる方法がありました。ウィークリーレンタカーやマンスリーレンタカーも東京では利用できるのです。東京に単身赴任で一ヶ月程度の滞在をしたときにはマンスリーレンタカーがうってつけでした。マンスリーなら18泊分前後が相場になっていたからです。

クーポンやキャンペーンを駆使した24時間料金と延長料金に比べると破格で借りることができてお得でした。マンスリーレンタカーを扱っている会社はあまり多くないので比較するのも負担があまりなかったのも良かった点です。長期滞在をするときにはまず調べてみるのが良いと感じたレンタカープランでした。

Follow me!