24時間のレンタルを活用した東京滞在

都内のホテル事情から考えた滞在方法

東京都内で観光をしようと考えたときに都内のホテルを予約すると高いというのが問題になりました。滞在費を無駄にかけたくないというのが友人と話していて出てきた結論であり、交通費も削減するために夜行バスで向かうことを計画していたのが事実です。都内の移動は車で自由に行動できるようにしたいと考えていたのでレンタカーを借りるつもりでした。

レンタカーを使うという点から発想が出てきたのがレンタカーを24時間借りて、適当な駐車場で一晩を車の中で過ごしてしまえば良いというものです。二人で一つのレンタカーを利用すればかなり安上がりにできるだろうと考えて実行に移しました。東京に到着したら借りて観光を楽しみ、翌朝に返却するという計画でした。

価格と快適さのバランスが重要

ホテル代わりにするという観点からレンタカーは格安ではない方が良いかもしれないと考えました。東京の滞在費に比べたら安上がりなので、ある程度は快適に眠れる広々とした車内の方が良いと考えたのです。

24時間での価格と比較して選んだのが1BOXカーでした。二人で乗るには大きすぎるものでしたが、シートを倒すと完全に横になれるというのが魅力的で、それでも荷物を置くスペースが十分にありました。毛布も持ち込まなければならないことを考えると余裕のある車内が良いと考えて、レンタルの価格と睡眠時の快適さのバランスを重視して選んだのです。それでも24時間借りてわずか1万円未満で済んでしまったのでお得な滞在方法になりました。

満足だったので延長を申請

1BOXカーで眠るのが意外に快適だったので、少し料金は高くなってしまうものの延長を申請しました。東京滞在が三日間の予定であとはカプセルホテルに泊まろうとしていたのですが、レンタカーをもう24時間借りた方が行動もしやすくてよく眠れるとわかって決断したのです。


東京には銭湯も多いので清潔さについても問題はなく、駐車場も郊外のコンビニを利用すれば指摘されることはありませんでした。東京に滞在する方法としてレンタカーは有用なものだとわかったのはこのときの経験からです。24時間でまずは試してみて良かったと思いますが、今度また東京のようにホテル代が高くなってしまう地域では滞在期間中は最初から予約して試してみたいと考えています。

Follow me!