返すことを考えると24時間営業ならスゴク便利

東京

レンタカーを返すのはいろいろ面倒

何かを借りた場合は、必ず返さないといけませんが、返すタイミングによってはきちんと返せないこともあります。
営業時間などが決まっている場所では、営業時間外では閉まっているため、返そうにも返すことができません。
そのような場所であると、返す日時がずれてしまい、延滞料金などを払うことになります。

DVDなどを借りたときは、延滞料金と言っても一日程度ではそれほど高額な金額にはなりませんが、もともとが高額なものを借りている場合にはその値段も馬鹿にできないものになります。
その一つに車を借りたときのことが挙げられ、延長時間が一時間でも1000円以上の延長料金が発生することがあります。

24時間営業のメリット

車を借りる際には最低でも数千円の料金がかかりますが、延長するだけで高額な延長料金がかかることになり、それらを考えるとレンタカーを借りる際には、24時間営業しているところで借りると便利に利用することができます。
東京では車よりも電車やバスで移動することが多くなり、車を保有している人も限られてきます。
そのためいざ車をしようと思っても、借りるしかありません。

しかし、借りるといっても使いたい時間は人それぞれであり、早朝から借りたい人もいれば昼間から、夜から借りたい人など様々います。早朝から借りて夕方や夜に返すのであれば、営業時間が決まっているところでも返す余裕があることもありますが、深夜に戻ってくる場合には営業時間が決まっているところでは利用しづらいものになります。
返したいときに営業していなければ、借りた車をどうにかしなければいけず、路上駐車してしまうと取り締まりにあうこともあります。

そのため、コインパーキングなどに車を止めて営業時間になるまで置いておかなければいけませんが、それでは駐車料金という余計なお金がかかってしまいます。このようなことがないように、レンタカーを借りる場合には24時間営業を行っているところが便利になります。

その他にもこんなメリットも

また、東京では交通量も多く、渋滞などで思うような時間に帰ってこられないこともあります。
そのようなときに、時間が深夜を回ってしまったり、逆に朝方に到着予定が早くついてしまい早朝だった場合など、営業時間外だと余計な時間を取られてしまいます。

レンタカーを24時間営業しているところで借りるメリットは、このようなときにも当てはまります。
東京で借りる際には、時間配分などきちんとして余裕をもって移動できるようにすることも重要なことになります。

Follow me!