東京の旅行なら24時間のレンタカーがおすすめ

24時間開いているメリットってなに?

東京から旅行に行く場合や、西東京や多摩地区辺りに向かうときは車があった方が便利です。車を使うとき、

24時間営業レンタカーのメリットは、借りる時間と返却時間を気にすることがないところでしょう。

24時間でないレンタカー屋は早くても朝7時に開店して、遅くて夜の22時にしてしまうでしょう。例えば、休日に家族で旅行をする場合、渋滞を避けるため、前日の夜中に出発をするのが得策です。しかし、普通のレンタカー屋では夜中に車を借りることは難しいでしょう。

24時間営業なら、どんなに遅い時間でも、レンタルができます。また、レンタカーの返却が遅くなった場合でも、次の日の営業時間に返却する必要はありません。そのため、無駄に超過料金がかかることがありません。

実際に24時間レンタカー屋を利用してみた

それでは24時間レンタカーの使い心地はどんなものなのか、実際にゴールデンウィークに借りて利用してみました。実際に取りに行ったのは、23時ごろでしたが、難なく受け取ることができました。とりあえず48時間借りて旅行に出発!その後、帰りは渋滞にはまってしまい、ナビの到着時刻は予定より3時間遅い、深夜2時を指していました。

夜の22時に電話をすると、営業所の人が出てくれたので安心したことを覚えています。つぎの日は別の予定が入っていたので、次の日以降に返す場合は、返却日を明後日にしなければいけませんでした。しかし、それだと余計に出費がかさむので、24時間営業はとてもうれしいと感じました。
東京に就いたのは深夜1時34分。深夜にも関わらず、スムーズに手続きを終えてくれたので、早々に帰宅できたことを覚えています。

24時間レンタカーはどのような使い方が望ましい?

東京で24時間レンタカーの使い道は旅行やドライブ以外にもあります。例えば、東京都内で引っ越す場合、早朝や深夜に車が借りれるととても便利です。狭い道路沿いで、駐車場が近くにない物件に引っ越した場合は、他の車が通らない時間帯を狙うのが得策です。近隣住民に迷惑をかけない配慮は大切ですが、早朝に深夜に引越しを行えば、効率の良い作業ができるでしょう。

場所によって行なえるようならば、とても便利なサービスでしょう。

また、レンタカー屋のなかには、他の営業所に乗り捨てできる場合もあります。夜中や早朝に移動したい場合、電車の運行は止まっているので、レンタカーを借りるのが良いでしょう。他の営業所に乗り捨てれば、借りた営業所に返しに行く必要がありません。24時間レンタカーを上手に活用して、東京の生活を、さらに便利なものにしましょう。”

Follow me!